●FLIPPED


GWに入って久し振りに引っ張り出してきたFLIPPEDという洋書。


もう随分前になりますが、英語の勉強を始めた頃にテキストとして使っていた大好きな本です。:)




ここ数年、そういえば英語の世界から離れてしまっていたな・・・と、

今よりがんばってた頃を思い出すために出してみました。:)




「何でも良いから好きな本を持ってきなさい」と先生に言われて買ったのがこの本。


単純に表紙が可愛かったのと、中学生向けの本だったというのが、英語が苦手だった私がこれを選んだ理由です。:)



でもラッキーなことに、本の構成が英語の勉強にとても適していて、 

同じ出来事を、 Bryceという男の子から見た視点と、

Juliannaという女の子からの視点で交互に語られるという2部構成で出来ているので、

同じ場面を違う表現で2度読むことが出来てとても良かったです。


内容もかわいいし面白いですよ。




私はやっぱり英語の世界にいたいんだと最近改めて気が付きました。


ここのところすっかり離れていたことで、何か物足りなさを感じていたし、つまらなさを感じていた様に思います。


日本ではなかなか難しいですが、また意識してやってみようと思っています。


皆さんも「最近そういえば忘れてるな」ということないですか?:)



FLIPPEDは個人的にお勧めです。

DVDも出ているので、併用するのも良いですね。:)






コメント